茨城県が突出しており、長野県、千葉県、栃木県、山梨県の4つの県も高い値を示しています。群馬県、東京都、神奈川県が第二グループを形成しており、埼玉県、和歌山県、三重県までが平均より高い値です。傾向的に西日本のタイ人の密度は低めのようです。
人口10万人当たりのタイ人数(都道府県別) 平成12年度
数値データの出典は、総務省統計局統計センター(http://www.stat.go.jp/)および法務省(http://www.moj.go.jp/)で、どちらも平成12年度のものです。


TOP / HOME